• 初芝化工

打抜き断面の変形について

最終更新: 9月2日

今回は打抜き加工時の打抜き断面の変形について書かせて頂きます。


通常、打抜き加工では断面が変形してしまいます。


サンテックフォーム(A-35)50tの打抜き加工品です。

上から見ると綺麗なハート型です。


しかし横から断面を見ると。。。


これは、加工時に抜型の刃の抵抗があることやプレスされ材料が変形しながら刃が入っていくことが原因で起こります。

太鼓のような形状なのでよく”タイコになる”なんて言われます。


弊社ではこの断面形状の変形に対策をしております。

お客様より特に指定が無くてもある程度の対策をしておりますが

特に変形を抑えて欲しいとの要望がある場合には

お世話になっている抜型屋さんのご協力のもと

ここまで抑えることもできます。

0とは言えないですが綺麗です。

プロッターでの加工ではございません。


見比べると歴然です。


いかがだったでしょうか。

今回は打抜き断面の変形について書きました。

今後のご参考になれば幸いです。

18回の閲覧

各種発泡体加工・販売

初芝化工株式会社

〒587-0012大阪府堺市美原区多治井296

TEL 072-362-0130

FAX 072-361-3687

© 2015-2018 Hatsushibakakou co.ltd.

  • YouTube